秋は次に生えてくる髪の毛のことを考えながらケアをしていく

秋は次に生えてくる髪の毛のことを考えながらケアをしていく

夏に分泌される皮脂は、そのままにしておくと過酸化脂質に変化する事になります。過酸化脂質が頭皮の毛根に入り込むと髪の毛の成長を阻害する事になります。この状態で夏が終わり秋に入ると、妨げられた髪の毛の成長は抜け毛という症状になって現れてしまいます。これが秋になると抜け毛が増えてしまう理由なのです。つまり秋にやるべき事は頭皮の過酸化脂質を取り除き、頭皮環境を整えて健康的な髪の毛が生えやすい状態にしてあげるという事です。髪の毛には生えるサイクルがあり、毛根の休止期や退行期に入っている場合には新しく髪の毛が生えてくる事はありません。抜ける髪の毛が多いという事は毛根の活動が休みに入っている状態なので秋の内に髪の毛が生えてくるようにする事は難しいでしょう。しかし休止期というのは頭皮の奥の毛根の中で新しく髪の毛を作り出すための準備をしている状態です。頭皮ケアをしっかりと行ってあげる事で休止期が終わった後にまた健康的な髪の毛が生えてきます。抜け毛に落ち込む事は無く、次の髪の毛の生え変わりの準備を自分の手で手伝ってあげるという気持ちで頭皮ケアをしていくようにしましょう。髪の毛が新しく生えてくるためには栄養と血行が大事になります。髪の毛の成分はタンパク質なのでタンパク質をしっかりと摂るようにこころがけてください。頭皮マッサージを行なって血行を少しでも良くして上げる事も効果的です。秋の間な抜けている毛の事を考えるのでは無くこれから生えてくる髪の毛の事を考えて過ごすようにしてください。

関連ツイート