雨にぬれる事よりも心配な事

雨にぬれる事よりも心配な事

パーマやカラーリングをする時にその日の天気が気になるのは解るのですが、もしも気にしているのが雨にぬれる事であるならば、雨以外にも心配すべきことがあります。そもそもパーマやカラーリングをした後で、雨に濡れてずぶぬれになるなんてことは滅多にある事ではないでしょう。それよりも私達が心がけなくてはいけないのは、パーマやカラーをした後には、雨に限らず髪を濡らしたり、やたらと湿度の高い場所に行かない様に心がける事でしょう。具体的に言えば美容室に行ってパーマやカラーをした後で、サウナや温泉に行く、とかプールで泳ぐ、等の行為です。雨にぬれる事は心配しても、これらの事を気にしないのはおかしいですよね。ですが実際に「今日は自分を磨く日なのだ!」と位置付けて、美容室の帰りにサウナやジムに行く、という人も時にはいるんですね。どうしても美容室に行った人同じ日にサウナやプールに行かなくてはいけない、という人はそんなにいないと思いますが、もしもどうしてもパーマやカラーの後で髪を濡らすような事をしなくてはいけないのであれば、そのあとは素早くしっかりと乾かさなくてはいけませんね。そしてそういう事をするとパーマやカラーの定着がどうしても悪くなってしまう、という事は覚悟しておかなくてはいけませんね。私達が美容室の予約をする時に、どのように予約をしたら自分が満足できる施術を受ける事が出来るでしょうか。私達は素人ですから自分でしてみたいスタイル、というものがあっても、それが自分に似合うかどうか、そのためにはどのようなメニューを利用したら良いのか、という事はなかなか判断が付きません。漠然と「カット」「パーマ」と予約しても、最近はパーマだけでも各種あります。それぞれのパーマで効果も見栄えも施術時間も異なりますから、何を予約する事がベストなのか、というのははっきりいって美容師と相談しなければわからない事です。自分の予想やなんとなく、という感じでメニューの予約をしてしまうと、結局その時間しか確保されていないので他にやりたい事が出来たり、美容師が他のメニューの方が良いと判断しても、その様に変更する事が難しくなります。ですから私達は予約をする時には、「迷っている」「解らない」と言う事もはっきり伝えた方が良いのではないでしょうか。「こんなスタイルにしたいけれども美容師さんと相談してから決めたい」といえばそれなりの時間を確保してくれると思われます。そうしておいてもしも予想よりも早く仕上がる事は、決して次のお客さんには迷惑になりませんが、その逆で予想以上に時間がかかってしまう事は次のお客さんに悪いですからね。八潮 美容院

関連ツイート