アルコールの摂り過ぎで乾燥肌になる

アルコールの摂り過ぎで乾燥肌になる

大人の女性になればお酒くらいは飲むようになります。定期的に嗜む程度の飲酒なら問題ありませんが、毎日飲んでストレスの発散に利用しているなんて人も多いかもしれません。アルコールの飲み過ぎは乾燥肌を招きます。なぜアルコールの摂り過ぎが乾燥肌につながるのかというと、アルコールには利尿作用、脱水作用がありますので、体からはどんどんと水分が奪われていきます。アルコール自体が水分だからどうしてその水分で体は満たされないのかと思うかもしれませんが、アルコールを含んだ水分は体に吸収されることはありません。そのまま体の外に出ていきます。これが結局利尿作用として働いているわけです。そして、アルコールが分解された時にできるアセトアルデヒドの分解が行われるためにはとにかく水分が必要になります。その水分もアルコールからとったすいぶんが使われるわけではありませんので、体の細胞や血管に蓄えられていた水分を使うことになります。このようにあらゆる場所から水分を奪うのがアルコールです。当然体全体から水分が奪われていき、肌からも水分が奪われていきます。結果として乾燥肌につながってしまうというわけです。アルコールの飲みすぎには注意しないといけませんし、毎日飲む習慣のある人も量は控えめにし、アルコールを摂らない日も作ってあげるようにしないと水分がどんどんとなくなっていきます。若い内からの乾燥肌を防ぐためにもアルコールは控えたほうがいいということです。池袋 美容院

関連ツイート