カフェ併設のメリット

カフェ併設のメリット

美容室とカフェが同時に楽しめる、というのは確かにお客さんにとっても魅力的に思えるものですが、実際に美容室を経営する側としたら、どの様なメリットが生まれるのでしょうか。たとえば「美容室」という場所に行く場合、みなさんはどのような準備をするでしょうか。予約を取るのはもはや常識ですが、予約を取るまでに評判を下調べしたり、日程を調整したり、小さなお子さんがいるママだとお子さんを預ける場所を探したり、または子連れでもOKな美容室を探したり、という事をしなくてはいけませんね。一方のカフェの方ですが、カフェと言うのはどちらかというと「フラッと入ってみる」というイメージがあるような気がします。通りがかりで見つけた素敵なカフェに入ってみた、という事は特に女性ならばよくあるのではないでしょうか。この二つが合わさる、という事は美容室にとっては「素敵なカフェが目について近づいてみたら美容室も併設されいて、利用してみたいと思う」というお客さんの心理を誘導する事になるのではないでしょうか。またとりあえずカフェだけ利用してみて気に入ったので、その場で美容室の予約もしてみる、と言う事も有ると思います。つまりカフェのちょっと気ままな感じがこれまで気合を入れていく場所であった美容室のイメージを変えることになるのではないでしょうか。では一度職場を離れたママさん美容師は、もう職場に戻る事は難しいのか?というとそうでもないようです。出産前に働いていた美容室にこだわりがないのであれば、十分に可能性はあるようです。というのは、意外とママさん美容師を必要としている美容室は多いのです。思い返してみたら解ると思うのですが、新人の頃から働いていた美容室と言うのは、多くの人は若者をターゲットにしていた職場だったのではないでしょうか。ですが美容室というのはそのような雰囲気の美容室ばかりではありません。少し落ち着いた美容室であれば、店長もスタッフも落ち着いた年齢の美容室も有り、お客さんも同年代の女性が多い、という美容室も当然存在します。ですからそういう美容室では新人の若い美容師と雇って一から育てよう、というよりは、すでにそこそこの腕を身に着けているママさん美容師の方が、教育の必要もそんなにありませんし、即戦力として期待できるものなんですね。ですから美容師の求人を見ていると、40代、50代でも募集対象になっている美容室も多いのです。もしもかつて働いていた美容室にこだわりがないのであれば、そういう美容室の求人を見て、今の自分に合った美容室を探してみるのも良いのではないでしょうか。美容師が余っているとは言っても、ママさん美容師を必要としている所は意外とあるようです。ヘアカラーカフェ

関連ツイート