ダイエットの前にむくみ対策を

ダイエットの前にむくみ対策を

特別体重があるというわけではないにもかかわらず、体は太く見えてしまうという人はむくみが原因かもしれません。むくみは主に下半身で悩まされますが、全身がむくんでしまうこともあります。寝起きの時には顔のむくみに悩まされるという人もいますが、水分は重力にしたがって体のしたに集まりやすいので、長時間寝ていると体の半分に水分が溜まりやすくなりいたるところにむくみが出るようになります。長時間立って仕事をしている人は下半身のむくみに悩まされますが、それも重力にしたがって下半身に水分が集まった結果です。慢性的なむくみに悩まされていると痩せていても太っているように見えてしまうため、ダイエットをして体のラインを細くしたいと考えている人はまずむくみの解消を行なってみるといいでしょう。むくみの解消に必要なことは運動やストレッチです。長時間の運動を行う必要はありません。少しの時間屈伸をしてみるだけでも下半身のむくみは解消されます。仕事をしていて脚のむくみがきになるようになってきた時には屈伸運動を行なってたまった水分を流すようにしていくといいでしょう。お風呂にゆっくり使って全身の血行を良くしてあげると体全体のむくみ解消に効果的です。寝るときには脚を少し高くして寝ると下半身のむくみ対策になります。脚のむくみに悩まされている人はタオルを使って脚を少し高くして寝るようにしていくとむくみに悩まされない生活を送れるようになるはずですよ。肌の調子が悪い、疲れが取れないといった悩みを抱えている人は体の中に毒素が溜まっているからかもしれません。体の中にたまった毒素は外側からのケアでは改善することができないため、しっかりと毒素を体の外に出していくためのデトックスが必要になります。生活を送っていると忙しさからどうしても体の中を解毒できないと言う人が増えてきてしまいますが、毒素を体の外に出すこと自体はそんなに難しいことではありません。基本となることはトイレにしっかりと通うこと。我慢していると体の中に毒素は溜まる一方です。普通の生活をしていると問題なくトイレに行くことができますが、忙しい生活をしていると我慢できそうなときには我慢してしまいますし、食生活が乱れてくるとトイレに行く回数が減ってしまうこともあります。便秘になったり、水分補給が足りなくてトイレの回数が減ってきてしまうと体の中にたまった毒素は体の内側から全身に回っていき様々なトラブルを引き起こすようになります。トイレにしっかりと通うためには、我慢をしないこと、運動をすること、1日2リットルの水分を補給すること、この3つを守ると毒素を排出しやすい生活を送れるようになります。女性の場合は子育て中になるとトイレに行く回数が減りやすくなります。子供の面倒に追われて自分の体の中に毒素を溜め込んでしまうとストレスの影響もあり美容トラブルだけでなく健康にも悪影響が出てきてしまいます。意識してトイレに通うようにすると毒素を溜め込まない生活が送れるようになりますよ。新小岩 美容院

関連ツイート