夫婦関係と主従関係

夫婦関係と主従関係

美容室を夫婦で営んでいる、という場合に確かに互いに仕事を理解しあって経営してい言う事は、経営の面でも夫婦の絆としても、理想的であろう、とは思われるのですが、実際にはなかなか難しい問題も発生するようです。それは、その美容室内において、夫婦が対等の立場である場合は、互いに切磋琢磨し合って二人の美容室を盛り立てる、と言う事が可能になるのでしょう。ですがもともとご主人が美容室を経営していて、そこを奥さんが手伝いとして入ったり、そのために美容師免許を取得して仕事をする、という場合には、夫婦でありながら、二人の関係に上下関係が出来てしまいます。経営者と雑用係、経営者とアシスタント、という関係になってしまうんですね。つまり夫婦でありながら主従関係や師弟関係になってしまうわけです。最初からその様な関係であった二人が結婚して美容室を経営するのであれば問題ないかもしれませんが、夫婦になった後で、美容室を経営するためにそのような関係が出来てしまった場合、その事が夫婦関係にも支障をきたしてしまうケースもあるようですね。特に美容師として後輩の立場になったり、雇われている立場になってしまうのは奥さんの方である場合が多く、家事との両立なども絡んで、夫婦関係がぎくしゃくしてくるケースもあるようです。青山 美容院

関連ツイート