普及するタッチパネル方式

普及するタッチパネル方式

居酒屋をよく利用する方は、最近はタッチパネルを設置している居酒屋が増えた、と実感されている事と思います。そのタッチパネルでの注文に対して、みなさんはどのように感じているでしょうか?かつては寿司屋と言えば店員に声をかけて注文するのが当たり前の時代でしたが、それが回転ずしの出現により注文がより手軽にできるようになりました。多くの人たちは寿司屋で店員に声をかけるのは何となく勇気がいる、と感じていた様であっという間に回転寿司は広まっていきました。それと同様の事が今居酒屋で起きている、といってもよいのではないでしょうか。店員に声をかけてオーダーする、というのは居酒屋ではそんなに敷居の高い事ではなかったと思いますが、忙しそうに走り回っている店員に声をかけるのは、やはりちょっと躊躇する事でもありました。その煩わしさから解放してくれたのがタッチパネルでの注文なのではないでしょうか。お店側にとってはお客さんが「煩わしい」と思う事を一つでも取り除くことによって、より多くの注文につなげたい、という思いがあるでしょう。それが見事に成功したのがこのタッチパネル方式ではないでしょうか。では実際にこのタッチパネル方式を導入したことにより、どんなメリットがあるのでしょうか。日本でパフェと言っている語源はフランス語のパルフェで、辞書などで調べてみるとその定義は「アイスクリームに、生クリーム・チョコレート・シロップ・果物・ジャムなどを添えて、グラスに彩りよく入れた冷菓」となっています。子の定義を見ていると、サンデーにだって、アイスクリームや、生クリーム・チョコレート・シロップ・果物・ジャムなどが入っているのが普通ですよね。そうなると違いは「グラス」の部分ではないか、と想像ができます。おそらくサンデーと言われているものは、縦長のグラスではなくて、丸っこい形の容器に入っている事が多いです。またよくイベントやお祭りの屋台で「サンデー」として売られているものは、プラスチックのコップ、という感じのものに盛りつけられています。つまりパフェの方がより高級感や存在感のある容器に盛りつけられている様な感じですかね。縦長いガラスのグラスにそびえ立つように盛りつけられている見栄えは圧巻ですよね。最初の一すくいは、どこにスプーンをあてようか、と迷ってしまうぐらいです。一方のサンデーの方は、さほどのイメージが無い場合がおおいのではないでしょうか。最近ではあまり見かけませんが、横に長い感じの容器に入っていたものもサンデーと呼んでいたような気がします。鉄板焼き 恵比寿

関連ツイート