外国人観光客の変化

外国人観光客の変化

近年日本では自分の街で外国人観光客を目にする機会が増えた、と感じている人が多いと思います。日本を訪れる外国人観光客の数は年々増加の傾向にあると言われていますし、留学生を始め、日本で学んだり働いたり、長期滞在をする人も増えてきたようです。かつて外国人観光客と言うのは、日本に来る目的は「観光」であったと思われますが、最近では日本を訪れる目的が変化してきていると言われています。その代表的なのが中国から来られている人たちの「爆買い現象」ですよね。彼らはかつての外国人観光客のイメージを変えてし待ったように思われます。観光だけではなく、日本で買い物をする事をメインの目的としてやってくる、という点においてです。そしてさらに彼らが日本に来る目的とし始めたのが「日本で何かを体験する」と言う事の様です。この動きは中国人観光客だけではなく、他国からやってくる外国人観光客にもその様な傾向がみられるようになりました。もっとも昔から日本で何かを体験する、というツアーはありました。ですがそれは日本側が「体験してもらおう」と企画し用意していたものであって、日本人が普段活動しているものとは少し違っていました。御茶会だったり時代劇の体験だったり、と日本人でさえ馴染みのないようなものが多かったものです。ところが最近では「日本で美容室に行ってみる」といったような日本人のリアルな生活を体験しようとする旅行者が増えてきたようなんですね。雨の日に美容室に行くのは良くない、というのはもちろん雨が降って鬱陶しいとか、雨に濡れたらせっかく仕上げてもらったスタイリングが乱れる、という事もあるかもしれませんが、その最大の懸念は雨の日の湿度ではないでしょうか。実際に美容室とは関係なく「雨の日にはヘアスタイルがまとまりにくい」と言う経験をした事がある人は多いと思います。それは転機と言うよりは雨の日の湿度が関係しています。普段ストレートの髪の人でも湿度の高い季節や雨の日には髪のうねりが気になる人もいますし、クセ毛やパーマをかけている人が、そういう日にはボリュームが出て抑えるのに苦労する、という話は良く聞きますよね。つまり雨の日は髪を扱うのが難しい訳です。だから美容室でも同じことが起こるんじゃないか、という心配があるのではないでしょうか。もちろんカットやパーマをしてくれるのはプロの美容師ですし、雨の中で施術をするわけではないのですから、してもらうこと自体は何の問題も無い、と考えられますが、せっかくきれいにしてもらってもそのスタイルを維持する事が難しい、という可能性は大いにあります。特に雨の中を歩いて帰宅しなければならに、といった場合、せっかくのスタイリングが乱れてしまうのは避けられない事でしょう。八潮 美容室

関連ツイート