皮脂の量が体臭を強くしてしまう

皮脂の量が体臭を強くしてしまう

体臭は食べたものによって変化します。なぜかというと、皮脂腺から分泌された皮脂の臭いが食べ物に影響されるからです。動物性脂肪を多く取ると皮脂腺の働きが活発になります。皮脂は空気と触れ合うと酸化されて過酸化脂質となります。この過酸化脂質が嫌な臭いの原因になります。皮脂の分泌量が多いという人は特に過酸化脂質が多くなり体臭が強くなっていきます。食生活の中で動物性脂肪を多く取り過ぎてしまっている人は注意しないといけません。ジャンクフードが好きという人も過酸化脂質に気をつけましょう。皮脂の量が増えると肌がアルカリ性へと変化します。本来人間の肌には善玉菌があって、その善玉菌は悪玉菌が増えないように弱酸性の状態を保ってくれています。でも皮脂の量が増えてくると悪玉菌が増え始めて肌の状態もアルカリ性に変わり悪玉菌が生活しやすい環境に変化します。こうなると本来の体臭が更に強くなっていき、周りに臭いをばらまいてしまいます。自分では気が付かなくても普段から動物性脂肪を摂取している人はそれだけ体臭が強くなる肌の環境を持っているということを自覚して体臭対策を行っていく必要があります。体臭を抑えるために食生活と栄養のバランスを見なおしてみることが一番最初にやるべき体臭対策になります。男性のほうが体臭が強くなる傾向にありますが、女性でも体臭の強い人はいます。皮脂の量が多くて悩んでいる人は自分の体臭についても考えてみたほうがいいでしょう。立川にある美容室

関連ツイート