自分が作りたいスタイルを押し付ける

自分が作りたいスタイルを押し付ける

美容師に「お任せします」と言って作ってもらったスタイルに対して「気に入らなかった」という感想を抱く結果になってしまう事も有ります。どうして気に入らなかったのか?というとその中には「私に似合うスタイルではなくて、美容師が作りたい、と思っていたスタイルにされたのではないか」という疑問を持ってしまう場合です。よくあるのが「明らかにいま巷で流行っているスタイルにされた」と言う場合です。確かに流行を取り入れたい、と思っている人は多くいるかもしれませんが、いくら流行っていてもその人に似あうかどうか、という事は別問題ですし、例え流行のスタイルにするにしても、その人に似あう様に多少のアレンジをする事が必要かもしれません。それをまったくしないで「最近のトレンドですよ」と言われても、満足できない場合も有りますよね。最新のスタイルに仕上げる事が出来る美容師が腕のある美容師、という事ではなくて、腕のある美容師と言うのはその人にベストなヘアスタイルを思いつくかどうか、という所から始まっていると思うんですよね。もしもお任せした時に、最新のヘアスタイルにしてそれで終わり、という美容師であるならば、あまりイメージを膨らませるセンスがある美容師ではないのかもしれません。美容室でヘアスタイルをオーダーする時って、誰でもとても悩むと思うんですね。最初から「芸能人のあの人のスタイルになりたい!」と心が決まっているような人なら画像を見せたり写真を持ち込んだり、という事だけでOKと言う事になるのでしょうけれども、自分なりにそこそここだわりがあって、それを口で伝えるのって、とても難しいものです。そして伝えるのも難しいものですが、それをその通りに美容師が理解してくれたかどうか、という不安も残るものです。いわゆるカウンセリング、という工程で、美容師に自分のイメージがちゃんと伝わっていなければ、自分の望むスタイルに仕上がる事はありませんよね。ですからどのような言葉で伝えればよいのか、という事はとても悩みます。なるべく具体的に言ってもらった方が良い、と美容師は思っている、という話を聞いたことがありますが、前髪を何センチ、サイドを何センチ、どこどこに段を入れて…と事細かに説明するのはプロの美容師に対してちょっと失礼だと思われたり、うるさい客だ、と思われたりしないか、という心配も有ります。いっそのこと美容師が自分がやりたいスタイルとか、確実に自分が気に入るであろうスタイルを何も言わなくても作ってくれたらよいのに、と思ってしまいますよね。川越 美容院

関連ツイート