10代からのスキンケアには注意

10代からのスキンケアには注意

美容に対する意識は高まってきていますが、スキンケアの低年齢化も起きているようです。10代からスキンケアを始めている人も多いようですが、これはかえって肌の老化を促進させるといわれています。人間の肌は10代までは細胞分裂を繰り返し常に新しい肌が作られている状態です。そのため紫外線で日焼けをしてもシミは残りませんし、水分も保たれている状態のためハリやツヤの衰えを感じることもありません。10代の肌はよけいな手を加えなくとも自然と鮮度の高い状態が保たれるわけです。20代になると自分で肌を作り出す力も衰え、肌の鮮度は悪くなっていきます。ターンオーバーの周期も長くなり肌の再生には時間がかかるようになります。そのためスキンケアで必要な栄養を与えてあげたり、自然のサイクルでは補うことができない部分に手を加えて汚れを落としたり乾燥しないようにバリアをしてあげたりする必要があります。10代の肌にスキンケアをすると過剰な手入れになってしまい、肌が持っている自然の再生力が衰えてしまうことになります。一般的なスキンケアではクレンジングを行い洗顔をして化粧水、美容液、乳液、クリームと使っていきスキンケアが終わりますが、10代の肌には過剰な手入れになります。簡単に落とせるメイクならクレンジングは必要ないですし、乾燥に悩んでいないなら乳液やクリームの使う量は控えないといけません。20代からのスキンケアを10代から始めてしまうのはかえって衰えを加速するため肌の手入れは控えめにするといいですよ。10代の肌に余計なケアは必要ないといわれています。10代の肌は肌が作られているため、傷ついたり汚れたりした肌もすぐに新しい細胞に生まれ変わり、老化が肌に現れません。そのため何もしなくてもいいと考えてしまいがちですが、もしも今後20代、30代となったときに肌の若さを維持していきたいと感じているなら、10代でもある程度のケアは必要になります。人間は生まれたばかりのときは真皮層を満たす水分量は8割といわれていますが、10代になると水分量はもっと減っていきます。20代では6割程度まで下がるといわれているため、10代でも赤ちゃんの時に比べたら確実に肌は老化しているということになります。水分量を維持して若さを保つためには極端な話として赤ちゃんの時から肌ケアをしていくことが理想的ということになるのです。10代で過剰なスキンケアは肌の傷めるだけでなく老化を促進させてしまうことになるため、正しいケアが必要になります。毎日行う洗顔を見直すだけでも十分なケアとなり肌の状態は良くなります。10代の肌で一番の悩みはニキビですが、ニキビ対策のために洗顔をやりすぎてしまうというケースが一番多いスキンケアのミスかもしれません。洗顔のやりすぎで皮脂を落としすぎてしまうと過剰な皮脂分泌を招いてニキビが増えるだけになります。洗顔をするときには洗顔料は使わずに洗いすぎない、擦りすぎないことを意識して洗顔を行うようにするといいでしょう。化粧品を使うときには油分の少ないものを選び、化粧品を使うときも化粧水や美容液にこだわる程度にとどめておくといいですよ。まつエク 三軒茶屋 つけ放題 セーブル ミンク クーポン おすすめ ランキング

関連ツイート