光毒性物質を含む食材は夜に食べると効果大

光毒性物質を含む食材は夜に食べると効果大

朝食にフルーツを食べるという事を習慣にしている人も多いかもしれません。フルーツには沢山の美容成分が含まれていて、特にビタミンCは美容、美白に効果が高いとして多くに人が朝に摂取するように心掛けているはずです。フルーツを朝に食べるという習慣は確かに美容にとって効果の高い物です。しかし食べる物を間違えるとかえって肌に大きな負担を与えてしまう可能性もあります。食べ物の中には光毒性を持つ物があり、特に柑橘系のフルーツに光毒性物質ソラレンが含まれているという事は有名です。柑橘系といったらホテルの朝食で出てくることもあるので、油断をして毎日食べているなんて人もいるかもしれません。レモンやオレンジを食べてから紫外線を浴びた場合、光毒性によって肌が必要以上のダメージを受けてしまう可能性があります。紫外線はあたった時間の分だけ肌が老化すると言われているほど美容にとって危険な存在です。そんな紫外線の影響をさらに大きな物としてしまう光毒性物質はどんなに美容に良い成分が含まれていたとして意味がありません。ソラレンは体内で8時間ほどかけて分解されているようですので、朝食べてから仕事が終わるまで体内にとどまり続けることになります。ソラレンを含んでいる食材は夜中に食べるということが理想的なわけですね。もしも朝食に柑橘系のフルーツを食べているという人がいるなら、朝ではなく夜に持ってくるようにすると高い効果を得ることが出来ますよ。与野本町 美容院

関連ツイート