マイナス思考はやめて質の高い食べ物を食べていこう

マイナス思考はやめて質の高い食べ物を食べていこう

自分の好きな物を食べた時の気持ちの持ち方で、太りやすい人か太りにくい人か分かるといいます。美味しい物は大抵太りやすい物です。それを食べた時に太ってしまうかもしれない、食べないようにすればよかったと後悔してしまう人は太りやすい人です。逆に太りにくい人は、ただ単純に幸せを感じながら食べていると言われています。マイナス思考を持っている人とプラス思考を持っている人では太る太らないの体質にも大きな影響を与えている事になります。一度自分の好きなものを食べている時の事を想像してみて、自分がどちらの考え方になっているのかを想像してみてください。もしもマイナス思考になっているなら今すぐにでもそのマイナス思考を変えていくための努力をしてみましょう。マイナス思考を持ってしまう人は、食べるときに量よりも質を重視してみるといいでしょう。食べ過ぎを抑えて、自分がとにかく美味しいと感じる物を食べるようにすると自然とマイナス思考が改善されていきます。美味しい物はそんなに沢山食べることも出来ませんので量を抑えることに繋がり摂取カロリーの抑制にもつながっていきます。質の高い食べ物を食べてマイナス思考を変化させて生き、自然とダイエットのできる体ができるようにしてみてください。人間の体に命令を出しているのは脳です。だから考え方ひとつ変えてみるだけでも体質に影響が出るようになっていき、それを続けて行くと自然と痩せやすい体質ができるという訳ですね。行徳 美容院

関連ツイート