寝起きに冷たい水を飲んでいると冷え性になるかも

寝起きに冷たい水を飲んでいると冷え性になるかも

体の冷えは美容によくありませんが、普段何気ない行動が体の冷えにつながってしまっていることもあります。自分の間違った行動に気がついて改善することができれば冷えの問題も解決できるかもしれません。意外と気が付かずにやっている間違いとしては、朝起きてから冷たい水を飲むことです。寝ている間はコップ一杯分位の汗をかいていると言われています。その分水分が失われているため水を飲みたくなります。その時に冷たい水を飲むのは体の内部を冷やすことになり、冷え性になりやすくなります。寝ている間は体をほとんど動かさない上、血行も悪くなりがちで体温が下がっています。その状態の体に冷たい水を与えてしまうとますます冷えが進行してしまうことになります。もしも寝起きで冷たい水を飲むという習慣のある人はやめたほうが美容のためになります。飲むなら温かいお湯にするのがいいでしょう。冷えた体を内部から温めて内蔵の働きを助けてくれます。便秘で悩まされている女性も温かいお湯を寝起きに飲むようにすると便秘の解消に繋がります。朝は体の中の余分な物を外に出すための時間でもありますから、便秘を解消して老廃物を外に出せるようになると肌トラブルの悩みを持っている人も解決できるかもしれませんよ。寝起きには体を冷やしてしまう冷たい水はもちろんジュース等も避けるようにして、できれば何も含んでいない温かいお湯を飲む習慣を身につけていくと体も温まりデトックス効果も期待できます。新石切 美容院

関連ツイート