入浴するときに乾燥対策のために心掛けておきたいこと

入浴するときに乾燥対策のために心掛けておきたいこと

お風呂から上がった時には急激な乾燥が始まります。この乾燥状態に対処するための方法を幾つか押さえておきましょう。まずお風呂から上がったら水分をタオルで拭き取ります。水分を拭き取るときには擦るような拭き取り方ではなく、水分をタオルに吸収させるように拭き取ります。擦った拭き方をしてしまうと肌を傷つけてしまいますし、乾燥を早める結果になります。絶対に擦ることのないように注意してください。そして保湿のタイミングです。20分〜30分あたりになると入浴前よりも乾燥した過乾燥状態になります。保湿は最低でも20分前までに行うこと、出来るだけ早めに行うことが理想的なのでできれば5分以内に保湿を行うようにしていきましょう。タオルで水分を拭き取るときに完全に拭きとるのではなく、少し肌を潤わせた状態にしておくと肌の乾燥するタイミングを作らずに保湿することができます。お風呂に入るときに肌の水分を逃さないために入浴剤と使うという方法があります。入浴剤を使えば乾燥状態を遅らせることが出来たり、逆に潤いを与えることが出来たりと、肌にいい効果を持ったものがいくつもあります。精神的なリラックス効果を持っている物を使えばそのまま快適な睡眠をとることもできるようになりますし、入浴剤を使うということは美容にとってとても効果の高い方法なのです。入浴をするにしてのただ入って体を洗って上がるだけでは勿体無いので美容にいい効果のある入浴方法を実践していってみてください。中目黒 美容院

関連ツイート