シャンプー担当を指名しても良いのか

シャンプー担当を指名しても良いのか

せっかく美容室に行って心地よい時間を過ごそう、としているのであれば、最初からシャンプーで残念な思いをする、なんて嫌ですよね。シャンプーが上手なアシスタントにあたるかどうか、という違いはそのままであれば同じ料金を支払っているにもかかわらず、満足度に影響する事ですよね。そうであれば本来ならばカットやパーマの担当者を指名できるように、シャンプーの担当者だって指名しても良いのではないでしょうか。おそらく私達は美容室に行く、と決めた時には、カットやパーマと同じぐらいの割合でシャンプーを楽しみにしていると思うんですよね。そしてその為なら、お客さん自身も心地よいシャンプーをしてもらうための工夫をしても良いのではないでしょうか。その一つがシャンプー担当者の指名です。ですが美容室の方から「シャンプーの指名はありますか?」と聞いてくれる事は滅多にありません。実際の所は手の空いているアシスタントが担当する、というのが美容室側としたら一番作業効率が良い訳です。ですがもしも私達が「この人にシャンプーをしてもらいたい」という意思表示をしたならば、それは却下されてしまうものなのでしょうか。実際の所は、そういう指名をもらうとアシスタントさんはとても嬉しいようです。その気持ちを汲んでシャンプー担当者の指名の希望があれば聞き入れてくれる美容室も多いようです。どういう時にお客さんは、美容師に対して「お任せで」と言いたくなるものなのでしょうか。それは二通りあって「自分にどんなスタイルが似合うのか解らないから美容師の意見を取り入れたい」と言う場合と、「もっと自分に似合うスタイル、というのを新しく開発したい」という想いだと思うんですね。自分に似合うスタイルが分からない、という場合には、美容師もその思いを受け止めで、基本的なところで「こういう顔立ちの人にはこのスタイル」という教科書通りのスタイルの提示をしてもらうといいかもしれませんね。「あなたはこのような顔立ちだから、こういうスタイルが似合うんですよ」と言う事を教えてもらえば、自分の事をより知ることができますし、次回からのオーダーに役立たせることもできます。新しい自分を開発したい、と思っているお客さんに対しては、美容師としては色々な可能性を提示する事が出来るでしょう。基本的にこれが似合う、というだけではなくて、今のトレンドやちょっとした冒険の様な事もやってみると良いのではないでしょうか。こんなスタイルも有るのか!という御客さんの新たな発見につながると思います。そういう積極的に自分を開拓しようとしているお客さんと、提案力に自信のある美容師が出会った時は最強のコンビになりそうですね。目白 美容院

関連ツイート