信頼関係で防げる問題

信頼関係で防げる問題

パーマやカラーの問題で言える事ですが、問題が起きるのはあまり信頼関係のない美容師とお客さんの間で起こる可能性が高い、と思われます。パーマやカラーを繰り返したり、使う薬剤の問題で起こる事故は、実はそのお客さんのパーマの遍歴などに関係すると考えられます。かつてそのお客さんがどのようなパーマやカラーをしていて、どの様な薬剤を使っていて、どのような反応が出たか、というような事を今回担当した美容師が把握していたならば、やってはならない事、避けた方が良い事、というのは美容師の知識があるならば前もって推測できるケースが多いと考えられます。失敗したから、と闇雲にそれを修正するためのパーマやカラーをする事で、余計なダメージを与えるケースが多いようですが、そういった点でも、その人の髪質や遍歴を良く理解したいればその様な事態にはならずに済んだ、と考えられます。最近はパーマやカラーの種類も増えてきています。扱う美容師も実は大変だと思われます。ですからお客さんとのコニュニケーションと言うのが一段と大切になります。実際お客さんの方は薬剤の専門知識などありませんから、見た目が良くなると言われれば、その言葉を信じてしまいます。きちんとお客さんに説明をし理解を求めたうえでの施術が必要になります。美容室においてのお客さんの回転率を考えると、シャンプーの担当者、というのはどのアシスタントでも出来るようにしておくのがベストなのだと考えられます。ですから「あの美容室にはシャンプーの上手なアシスタントがいる」という評価をされるよりは、あの美容室はどのアシスタントがシャンプーをしても気持ちが良いから指名など必要ない、という評価をされる方が望ましいのではないでしょうか。もちろん指名されるぐらいの腕を持っているアシスタントになれば、指名される事はこの上ない喜びとなるでしょうし、そのポジションを目指して他のアシスタンとも頑張る、という環境であることも悪くい環境ではないあ、とは思われますが、アシスタントを早く卒業して、カットやパーマの出来る美容師ととして早く貢献できるようになるためには、皆が足並みをそろえて成長していくことが一番そのお店にとっては望ましい事なのではないでしょうか。もちろんうまい下手、に限らずお客さんの好みやアシスタントとの相性というのはあるかもしれませんから、必ずしもシャンプーが上手いから指名されている、という事ばかりではないかもしれませんが、指名しなくても誰でも良いんシャンプーをしてくれる、という美容室であれば、その後のアシスタントの成長も楽しみにできるものですよね。海老名 美容院

関連ツイート