就活を意識し始めるころ

就活を意識し始めるころ

これほどまでにカラーリングをするヘアスタイルが一般的になってきた近年でも、それでもまだ就活の時期には黒髪にしなくてはならない、という意識がかなり高いようですし、実際に採用をする企業担当者の間でも「茶髪はNG」と考えている人が多いのも事実です。ですから特に髪を伸ばいしている女性にとっては、あと何年で自分が就活をする時期になるか、という事は常に頭において自分のヘアスタイルを考えているようですね。もちろん「黒髪」と言われたら「黒染め」で髪を黒色に戻せばよい、と考えれば簡単なことなのですが、実際にはカラーリングやパーマを繰り返している髪は、とてもダメージを受けていて、清潔感にかける状態になっている事が多いんですね。ですから健康的な髪の毛を取り戻すための時間、というのが必要になる人が多いのです。就活の解禁時期にもよりますが、たいてい大学3年生ぐらいになると、そろそろやりたい放題のヘアスタイルをするのではなくて、就活の時には頃紙でいなくてはいけない事を考えてヘアスタイルを決めよう、と考える人が多くなるものです。特にロングヘアにしている女性たちは、就活を始める時にはどのようなヘアスタイルで臨むのか、という事は、長期的なヘアスタイルの計画として頭に入れておかなくてはいけません。シャンプーをとことん楽しみたいなら、もちろんアシスタントさんによるシャンプーの技量を言う事の差も良し悪しに関係すると思うのですが、自分自身がシャンプーを楽しむ体制であることも必要だと思うんですね。それは気持ち良さを感じるための姿勢をしている事、だと思います。具体的には「余計な気を使わないで力を抜いてすべてをアシスタントさんに委ねる姿勢をとる」と言う事なんですね。よくありがちなのがアシスタントさんが首を持ち上げて襟足を洗ったり流したりしてくれる時に、自分自身で首を持ち上げてしまっているお客さんて多いと思うんですね。それは無意識のうちに「持ち上げるのって重いでしょう、自分で上げますね」という意識がお客さんの方に働いてしまっていると思うんです。ですがこの行為は、シャンプーをしているアシスタントさんにとっては、実はやってほしくない姿勢なんですね。首回りが固くなってしまって、思う様に扱えなくなってしまっている可能性が高いんです。結果的に洗い残しやすすぎ残しが出てしまったり、その部分だけマッサージの気持ち良さを感じる事が出来なかった、という事につながってしまうようです。ですからアシスタントさんにシャンプーをしてもらっている時には、力を抜いて身をゆだねる、これが自分でも気持ちの良いシャンプーを体感できるコツなんですね。平井 美容室

関連ツイート