住んでいる地域に合わせた紫外線対策を考えてみよう

住んでいる地域に合わせた紫外線対策を考えてみよう

紫外線は季節や時間によってその強さが変わります。当然地域によっても強さは違い、日本で言うと沖縄の紫外線量は北海道の約2倍と言われています。南に住む人のほうが肌が黒く、北に住んでいる人ほど肌が白い理由も紫外線の量が違うからなのです。紫外線はその強さにあわせて生活を変えていく必要があります。UVインデックスでその日の紫外線の強さを調べることができます。UVインデックスが11以上になった時には外出を控えたほうがいい状態になります。紫外線対策を行っている人は参考にしてその日の生活スタイルを決めてみるといいでしょう。紫外線の強さでもう一つ忘れてはいけないことが標高です。紫外線は標高が高いほど強くなっていきます。これは緯度による違い以上に変化が大きいため、どこに住んでいても注意しないといけません。標高の高いところに住んでいれば紫外線の影響を強く受けることになり、標高の低い所なら弱くなります。海沿いの街なら標高が低くなりますが、内陸になると標高が高くなります。内陸の街ほど紫外線の影響を強く受けるということになりますね。自分の住んでいる地域がどれほど紫外線の影響を受けているのかを調べてみてください。そして季節や時間にあわせて紫外線との付き合い方を変えていくようにしてみましょう。紫外線は肌の老化を引き起こす第一要因です。人生の中で浴びた総量の分だけ老化を進行させると言われていますので、少しでも肌の若さを保つためには紫外線を避けて生きていくようにするのがいいでしょう。

関連ツイート