低気圧は自律神経の働きを乱す

低気圧は自律神経の働きを乱す

梅雨の時期のように気圧の安定しない時では体にも色々な影響が出てきてしまいます。特に美容に気を使っている女性にとっては中々過ごしにくい季節で苦労することも多いのではないでしょうか。低気圧になると様々な問題が発生するようになります。ヒスタミンの分泌が促されると体中に痛みを感じるようになり交感神経優位な状態に向かっていきます。また耳のセンサーが反応するとこれもまた交感神経を活発にさせていきます。交感神経が優位になると緊張状態が続くようになり血管が狭くなります。血流が悪くなり結果的に美容に悪い影響が現れるということになります。しかし交感神経ばかりを刺激するわけではありません。低気圧になり酸素の濃度が下がっていくと今度は副交感神経を刺激するようになります。副交感神経は体をリラックスさせて仕事に対するやる気を奪います。この状態で仕事を続けるとやる気のないまま仕事をすることになり、ストレスを感じていくようになります。このように低気圧は交感神経と副交感神経の働きをめちゃくちゃにしてしまい、体の不調につながっていくということです。自律神経の働きを整えるためには睡眠が重要になりますので、十分な睡眠を取るようにしていきましょう。胃腸の働きを整えて体を意識して動かしていけば自律神経の働きも正常に戻っていきます。低気圧に悩まされる季節は自律神経の働きをある程度コントロールしてあげることが美容につながっていくことを覚えておいてください。美容室 府中 ヘアサロン カラー パーマ 当日予約 おすすめ 人気

関連ツイート