豆乳と牛乳はどちらがいいのか

豆乳と牛乳はどちらがいいのか

健康や美容に良いと言われている飲み物と言えば豆乳です。有名なイソフラボンは美容ホルモンと言われているエストロゲンの代わりに働く成分と言われ、多くの人が豆乳を寝る前に飲むなどしていると思います。ダイエットにも効果があるということで豆乳ダイエットを実践している人も多いかもしれません。でも豆乳は意外とカロリーが多く含まれていて、飲みすぎてしまうとその分脂肪になってしまいます。また寝る前に飲むとそのまま脂肪として体に蓄えられてしまうため、いくら含まれている成分が美容やダイエットに良いからとはいえ気軽に毎日飲めるというわけでもありません。豆乳を飲む人は牛乳の代わりとして飲む人が殆どかもしれませんが、豆乳と牛乳では栄養素に違いがありダイエットや美容の目的で飲む場合は特徴を理解したうえで飲み分けていく必要があります。牛乳だと太りそうなんてイメージがあるかも知れませんが、低脂肪乳、無脂肪乳に変えれば豆乳よりもカロリーを抑えながら牛乳の栄養を取る事ができます。豆乳は美容に良い成分が含まれていますが、牛乳はダイエットで不足しがちになるカルシウムや鉄分といった栄養素がバランスよく含まれています。もしもダイエットを始めようと考えている人は豆乳よりも牛乳の方が高い効果を発揮してくれるかもしれません。イメージで牛乳より豆乳の方が優れた栄養を持っていると思われがちですが、実はそうでもありません。二つの特徴を理解して、本当に自分の求めている物がどちらなのかを判断してバランスよく摂取していくようにするといいでしょう。自分の肌が刺激に弱い敏感肌だと感じている人は入浴方法を見直してみてください。敏感肌の人は大抵乾燥しやすい肌をしていて、乾燥肌の悩みを抱えている人が多いです。入浴方法によっては乾燥が進行してしまう事があります。お湯の温度は日本人の平均として40度くらいと言われています。この40度のお風呂は敏感肌の人にとって良くない温度です。40度のお湯は温度が高すぎます。高いお湯に触れていると肌の潤いを保つ保湿成分が流れて行ってしまいます。肌の保湿成分が流れていくとそれだけ肌に水分をとどめておこうとする働きが弱くなります。入浴後の過乾燥はこの保湿成分が流れてしまった結果水分を肌に保つことができなくなり、お風呂上り20分後から入浴前以上に乾燥した状態を招いてしまうのです。お湯の温度が高くなればなるほど保湿成分は流れていき安くなります。また長風呂が好きな人も日本人には多いのですが、これも肌の乾燥を招きます。入浴時間としては20分まで、お湯の温度は38度程度が理想的です。肌が敏感になってしまっているのは入浴方法の誤りによる可能性がありますので、一度入浴の方法を見直してみてください。乾燥肌や敏感肌に悩まされていない人も間違った入浴を行なっていると肌の乾燥を招き乾燥肌や敏感肌になってしまうかもしれません。正しい入浴方法で肌を守ってあげてください。お風呂上りにはすぐに保湿を行ない、必要以上の水分が蒸発してしまわないように対策をしてあげてください。美容院 東花園駅 トリートメント 縮毛矯正 クーポン 口コミ おすすめ

関連ツイート