ターンオーバーの乱れとバラの香りの関係

ターンオーバーの乱れとバラの香りの関係

よくターンオーバーン周期は28日なんて言われています。28日の周期が遅くなったり早くなったりすると肌のトラブルを引き起こす事になります。だからターンオーバーの周期を乱さない生活が必要と言うのは美容に対して気をつけている人にとっては常識かも知れません。しかしこの28日周期と言うのは20代の肌の周期になります。実はターンオーバーは年齢を重ねていくほど周期が遅くなっていきます。30代になると40日、40代では55日、50代で75日、60代になると100日周期になります。周期が長くなるほどターンオーバーの乱れを回避する事が難しくなっていきます。ちょっとしたことでも早くなったり遅くなったりして、肌が正常に再生される可能性は低くなっていくことになります。30代を過ぎてターンオーバーの周期が長くなった時にその乱れを改善する方法としてお勧めなのがバラの香りを生活に取り入れていくということです。美容にとって最も効果の高いと言われるバラの香りはターンオーバーの乱れを改善してくれる働きがあります。40日、55日と長くなっていくターンオーバーのサイクルは一度崩れてしまうと改善する事も難しいのですが、バラの香りを嗅ぐことでその問題も解決できるようになるかもしれません。ターンオーバーは寝ている時に行われています。だからバラの香りの効果も寝ている時に発揮されたほうが効果が高くなります。寝るときにバラの香りに囲まれて寝るという習慣をつけると肌の若さも保たれるようになりますよ。横須賀 美容室

関連ツイート