有酸素運動と無酸素運動の違いについて

有酸素運動と無酸素運動の違いについて

よく運動をするときには有酸素運動と無酸素運動の2つで語られることがあります。ダイエットのために運動をしているなんて人は、この2つの違いを理解できているかもしれませんが、ダイエットについて理解をしていない人は違いがわからないかもしれません。有酸素運動は酸素を使った運動で無酸素運動は酸素を使わない運動と言葉通りにとらえてみても大丈夫です。酸素を使った運動のメリットは脂肪を燃焼させることができるということです。脂肪の燃焼はただ運動をしていればいいというわけではありません、脂肪を燃やすためには酸素が必要で、有酸素運動で効率的に酸素を取り入れながら体を動かせば脂肪を燃焼できるようになります。ダイエットをするときに重要となるのが有酸素運動です。無酸素運動は酸素ではなくグリコーゲンが使われます。グリコーゲンは脂肪に比べてエネルギーに変換されやすく、筋肉や肝臓に蓄えられています。瞬間的にパワーを発揮するために使われます。無酸素運動で鍛えることのできる筋肉は基礎代謝を上げるために必要になります。筋肉量が多いほど基礎代謝があがり、普段の生活の中で脂肪が燃焼しやすい体になっていくのです。運動で脂肪を燃焼させていこうとするなら有酸素運動、日常生活の中で基礎代謝を上げて脂肪を燃焼させていくなら無酸素運動がいいというわけです。ダイエットをするなら有酸素運動と無酸素運動を効率的に行っていくと簡単にダイエットができるようになります。宇都宮の美容院

関連ツイート